• ホーム
  • ED治療薬と一緒に飲んではいけないもの

ED治療薬と一緒に飲んではいけないもの

ED治療薬と一緒に飲んではいけないものを皆さんはご存知でしょうか。ED治療薬の他にも薬には飲み合わせてはいけないものは実はたくさんあるんです。
今回説明するのはED治療薬と飲み合わせてはいけないものを紹介していきます。
まず一つ目に、ED治療薬と飲み合わせてはいけないものはアルコール飲料です。
ED治療薬とアルコール飲料は一緒に飲むと、効果が弱まってしまう製品もあるので、使用の際にはできる限りアルコール飲料と併用するのは控えたほうがいいです。
つぎに一緒に飲んではいけないものはグレープフルーツジュースで服用することです。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、この成分がED治療薬の吸収率を高めてしまう効果があるので、予定よりも強い効果が出てしまって最悪の場合思わぬ副作用が出てしまうリスクがあるので、服用の際には十分注意しなければいけないのです。
またこのような併用薬にも注意しなければいけません。
それはHIVの治療薬の薬と水虫の薬、そして不整脈の治療薬と服用して飲む際には必要以上の警戒が必要です。
これら併用薬として一緒に飲んでしまうと副作用の症状で最悪死亡する可能性があるのでED治療薬を製造している薬メーカーの説明書を読んで併用禁忌薬のリストをしっかり読んで、飲んではいけないものと飲んでもいいものをしっかりと見極めていきましょう。
次に紹介するのは一緒に飲んでもいいのか悪いのか曖昧になるものを教えます。
それはお茶です。実を言うとお茶でED治療薬を一緒に服用しても薬効的なものは水と変わらないのです。
このようなことからED治療薬と一緒に飲み合わせるときには飲み物や食べ物によってその薬の効果が阻害されたりする場合があります。
もし薬を飲む際には薬を購入したときについてくる説明書の併用禁忌薬の種類をしっかり読んで、ED治療薬を飲むときにできるなら毎回確認して、副作用を最小限に止めましょう。

必ず読もうED治療薬の説明書内の併用禁忌

ED治療薬を飲むときには併用禁忌に気をつけなければいけません。
ではこの併用禁忌はどこに書いてあるのかというとそれは、ED治療薬を購入したときについてくる説明書に書いてあります。
ではこの併用禁忌の欄には何が書いてあるのでしょうか。それは一緒に服用することでどのようにして薬効的阻害が起きるのかが詳しく掲載されています。
またこのようなタイプのEDになってしまったら一体どうすればいいか迷ったことはないでしょうか。
それは心因的なものが原因のEDになってしまったときです。
心因的なものが原因のEDというのは、精神的に苦痛な思いをしたりして、EDになってしまうという症状のことです。
この心因性が原因のEDを治すときは一体どのようにして治すのかというと、それは通常のED治療薬と精神安定剤の二つを服用するということです。
じつは精神安定剤と一緒に服用しても阻害がないのです。ですので、心因性が原因でEDになった人は、精神安定剤と併用しても実際のところ、問題ないのです。
このようなことから、ED治療薬には一緒に併用してはいけない薬と一緒に併用してもいい薬の二種類があります。
また、水やお茶、中にはアルコール飲料でも飲んでも問題がない時や場合があります。
でもグレープフルーツジュースと一緒には服用することができない場合もあるので、服用する時には必ず併用禁忌のものを再確認していくことが大切です。
また同時的に服用しても問題のない他の治療薬のリストもちゃんと書いてあるので、いままで治療薬の説明書を見ていなかったという人は一度見て、どのようなもので飲んではいけないのか、一緒に服用しても問題がない薬を確認することが副作用を防ぐ方法だと思います。

関連記事